亀頭周囲の尿や精液の残りかすを取り除かずに

女性

深刻ではないカントン包茎ならば、ちょっとした締め付けられる感覚があるくらいなのですが、深刻な場合には、包皮輪が亀頭を締め上げて、かなり痛むケースが多いのです。「包茎」って、亀頭を包む皮が長くてビロビロになっているなんて状態のことを想像してしまう場合がほとんどですが、カントン包茎に関しては、仮性包茎とは違って皮の長さが不十分であることがいけないのです。

 

包茎治療専門のメンズクリニックだとか美容外科などで、包茎解消の手術を行う際に、あわせて「気になるフォアダイスを除去してもらいたい」と相談する方もかなり多いのです。確実に包皮口のサイズが小さくて、オチンチンが大きくなったら陰茎が赤黒く鬱血で膨らんでしまうようなひどいカントン包茎の男性は、一日も早く手術の計画をたてることが一番です。新しく編み出された亀頭直下法なら、新旧の皮の縫合線が陰茎と亀頭の間なので、術後にみっともないツートンカラーの状態にならないわけです。

 

最近ではメリットの大きい亀頭直下法で包茎手術をすることがほとんどなのは間違いありません。亀頭周囲の尿や精液の残りかすを取り除かずに、不潔にしていたことが元凶なわけですから、臭い恥垢に悩んでいる人は、皮がむけない真性包茎の人など、亀頭をきれいにするのが不可能な男性が大部分です。最初からある免疫力が十分でないと、尖圭コンジローマの再度の発症がかなり頻繁になります。

 

想定以上に再発の頻度が高ければ、最も恐ろしいHIVなどに代表される免疫不全の状態という可能性も疑われます。包茎などを治療できるメンズクリニックだとか美容外科などで、包茎を治す手術を申込むときに、まとめて「見た目が良くないフォアダイスを何とかしてほしい」なんて望んでいる人が多いというのが現実です。尖圭コンジローマというのは、かなり頻発する性感染症です。症状が消えてから3か月程度までに繰り返すケースがほとんどです。

 

でも約半年間は気を付けてください。「包茎」って、亀頭部分の包皮がダブダブに伸びたという状況を思い浮かべる方が大半なんですが、カントン包茎については、そうではなくてペニスの皮の長さが足りないことが元凶です。手術スキルが不足している医療機関の医師で包茎治療の手術をしてもらうと、包皮と陰茎のバランスが適切でなくなってしまうことが多いのです。こういうケースでは、小学生未満の頃のように包皮小帯が突っ張ることがあります。

 

包茎の手術の説明の際に、どんな場合でも説明されるのがツートンカラーという用語です。治療にあたって環状切開法と呼ばれている手術が行われることによって、かっこ悪いツートンカラーの状態になるケースが少なくありません。解消するには手術を受けることになります。

 

カントン包茎であれば、本人が勝手に決めつけて治療せずにいると悪くなってしまう恐ろしい病気なので、医師による診察の際はちゃんとお話を聞くことが大切です。亀頭増大を目的とした手術で支払う金額は、亀頭に注射する注入素材に何を使用するのかとどれくらい使うのかで違いが出ます。長期間効きつづける素材をたくさん使うほど、支払額はどんどん高くなります。


このページの先頭へ戻る